ガジェット パソコン周辺機器

BenQゲーミングモニター XL2411P | 勝つために!

BenQ ZOWIE XL2411Pは24インチFull HDでゲーミングモニターには最適なサイズ、機能もシンプルで扱い易いモニターです。

ゲーミングモニターとしては価格も適当でモニターの画面がほぼゲームな人には向いています。

出典:https://amazon.co.jp

モニター仕様

モニター型番 XL2411P
画面サイズ 24インチ
アスペクト比 16:9
パネル TN方式
表面処理 ノングレア
解像度
リフレッシュレート
最大解像度
1980x1080@144Hz(DisplayPort、DVI-DL)
1980x1080@120Hz(HDMI)
画素ピッチ 0.277x0.277mm
応答速度GTG 1ms
入力端子 HDMIx1、DisplayPortx1、DVI-DLx1
出力端子 ステレオミニジャックx1
機能 Black eQualizer
Color Vibrance
Eye Care
ブルーライト軽減
寸法
(幅x高さx奥行)
スタンド付き 570x431-559x219mm
スタンドなし 570x347x63mm
VESA規格 100x100mm
重量 スタンド付き 5.8Kg
スタンドなし 3.6Kg
電源 消費電力 45W
入力100-240V、50/60Hz
付属品 電源コード、DisplayPortケーブル、説明書

※内蔵スピーカも無しです。

旧モデルの「XL2411」(末尾Pなし)もネットによっては販売されているので注意が必要。Display Port、Color Vibrance機能が搭載されていない。

安ければ選択の余地があるが、高いものは価格がおかしい。また、最近のグラフィックボードはマルチモニター前提で改めてみるとDisplay Portしかなかったりするものもある。

画面サイズ、解像度、リフレッシュレート

ゲームをフルスクリーンモードで表示するならば24インチ Full HDは画面全体が視界に入り表示の大きさも丁度よいと感じる。ウィンドウモードで複数並べると少し小さいかなと思います。

解像度がFull HDなので少し古いパソコン、グラフィックボードでもベンチマークスコアが稼ぎやすい。

例えば1台のパソコンで複数アカウントの起動数に制限がかかる場合、2台目のパソコンも利用して複数アカウントを起動させる。当然、1台目にはメインアカウントを持ってくるが、2台目にはサブアカウントを並べて表示する。

2台目のパソコン性能が低い場合はFull HDの方が操作しやすい。2台で6アカウント起動などはFull HDがピッタリ。サブアカウントに画面の綺麗さはいらない。

リフレッシュレートが144Hzでも足りない人は少なくても25インチクラスにして240Hzにした方が良いと思う。

riko
複垢使う人はちょっとどうかと思うの
効率あがるなら何でもいいの
himawari

パネル方式、画面の色合い、その他機能

パネルはTN方式なので見る角度によって大きく色が異なる。また、XL2411Pは標準状態が白っぽい色合いに調整されているように感じる。正確なカラーバランスが欲しい人はIPS方式でしょう。

XL2411Pの価値は正確でないカラーバランスにあると思っている。敵が暗闇で見えない、ダンジョンが暗くて見えないなどのリアル感を捨ててゲームをする人にススメたい。

競争相手が見にくければラッキー、自分は見える状態を確保しなければならない。Black eQualizerを使えば暗闇のリアル感は消え見えやすくなる。やりすぎると明るい部分が白飛びする。

出典:https://www.benq.com/ja-jp/index.html

敵が迷彩で見えにくかったり、透明化して見えにくい場合はColor Vibranceで色温度を変えて見えやすくする。

出典:https://www.benq.com/ja-jp/index.html

Black eQualizerとColor Vibranceでリアル感は無視してゲームのためだけに調整できる。

Eya Careはフリッカーと呼ばれる画面のちらつき(カメラを向けたときに黒い縞模様が見える)を軽減させるもので目の負担を軽減させる機能です。
実際に軽減している筈であるが、他のモニターでも特別な名前をつけずにフリッカーフリーは採用されているので目立った機能ではないように思います。

ブルーライト軽減。シンプルに作れらているXL2411Pになぜこの機能があるのか疑問だが、使えないと思ってください。青を減らせば画面は暗くなる。ブルーライト軽減を使うと他の機能は意味がなくなる。

HDR、FreeSync、G-SYNC非対応

HDRは映像の明るい部分と暗い部分の描写が、より自然でリアルな表現となるものですが、TN方式に求める必要はないと思います。

FreeSync 、G-Syncについても低fpsにならなければ必要ないのだし、綺麗さを優先させて低fpsになるような設定はゲーマーには不要です。

上の機能が必要でモニターを選ぶより、グラフィックボードに少しでもお金をかけた方が幸せになると感じます。

BenQ XL2411Pまとめ

BenQ XL2411Pのメリット

  • Full HDでベンチマークが稼ぎやすい
  • サブモニターとして使ってもOK
  • 2枚並べて使えば複数アカウント用に便利
  • Black eQualizer、Color Vibranceでゲーム向けな画質調整
  • 余計な機能がなくシンプルで使い易い

ゲーミングモニターとして必要な機能が揃っています。特にゲームに特化して使いたい人におススメです。

 

 

 

 

-ガジェット, パソコン周辺機器
-

Copyright© 遊ぶ日々 , 2023 All Rights Reserved.